『赤と黒』3話~恋病み。(ねたバレあり)

神谷さんの声が、心地いい~~~

このドラマのテーマというか、復讐がメインなんですけど、その復讐という心の闇にナムギルのキャラが、やっぱりぴったりなわけです
じっと観ていると、目つきが鋭いですよね。
幼少時代に不幸を背負って生きてきた主人公の人となりを、目で十分語っています。

大好きな『赤と黒』ということで、私の独断解説をしたいと思います。
できれば、全話したいと思いますがどうなることか・・・。

では、早速・・・

この3話で大好きなシーンは、ゴヌクとジェインの恋の始まりです。

前回、ジェインがテソンと勘違いしたゴヌクに、わざとコーヒーをこぼすシーンがありました。
ゴヌクは知らないと思っていたのですが、この3話でゴヌクは、このいきさつを知っていたということがわかります。

知っていてジェインの行動を見ていたのです。

この時のゴヌクはどんな心理だったのか。
ゴヌク自身は、なんとなく遊び心だったと思うのですが、それがジェインとの距離を縮めることになったわけですから、ゴヌクの心の中にジェインに対する恋心の芽生えが始まった瞬間だと思います。
自分では気づいていない小さな恋の芽生えです。

それが、最後にはゴヌクにとって大きな愛に変わっていきます。
もちろんこれは、ジェインにとっても同じことです。

散歩する2人にカメラマンが声をかけます。
「写真を撮りましょうか?恋人でしょ?」

ジェインは断りわりますが、ゴヌクは満面の笑みで「うまく撮って!」とジェインの肩を抱きます。

この写真はゴヌクにとって、とても大切な写真になるのです。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント