『赤と黒』5話~二人のテソン(ネタバレあり)。

テソンの秘書(ほぼ舎弟)になったゴヌク。

運命のいたずらを思うとなんだかやるせないですよね。
本当はゴヌクがテソンで、テソンは赤の他人なんだから。

でも、テソンは義母にまったく可愛がられることはなく、ゴヌクがこの義母に育てられていたら、テソンと同じ哀しい思いをしていたことになります。
ゴヌクはただただ恨んでいますが、ひょっとしたら離れて暮らしていたほうが幸せだったかもしれません。
この義母のせいで、2人は哀しい運命をたどることになります。

あいかわらず、仲のよい二人

画像


画像








この記事へのコメント