桂枝雀。

昨日、NHKBSプレミアルで「松本人志・大文化祭」をしていました。
観られましたか?
ダウンタウンの「笑わない~」シリーズは大好きだし、大体、まっちゃんは、マジおもしろい!

松本さんの笑いの原点は何か?

それは、『落語』だったんですね。
そして、桂枝雀さん。

枝雀さんの落語は、生前何度かテレビで拝見しましたけど、そもそも落語にあまり興味がなかったのでよくは見ていませんでした。

昨日、拝見してすばらしさに感動しました。
もう、神業!
しかも、おもしろい~~!

松本さんは、お父さんの影響で落語に親しんだようですが、やはり松本さん自身の中にも落語に魅せられる要素があったのでしょう。今では、ほぼ毎日、枝雀さんの落語を聴きながら眠りにつくそうです。

枝雀さんは、1999年に首吊り自殺をされ意識の戻らないまま、59歳で亡くなられました。
枝雀さんの素晴らしい落語を拝見し、ここまで作り上げるには、相当のストウィクさがないとだめなんじゃないかって思ったんですね。だから、芸をとことん突き詰める枝雀さんは、自分を追い詰めていってしまった。

鬱という病気に枝雀さんも心を蝕まれていました。
『高座のマクラで「私、またうつ病になってしまったんです」と話したり、「色んなことを試みてるうちに、自分の落語が分からなくなってきた」と泣いたりすることもあったという。客は冗談だと思って笑うと、本人は涙を流しながら否定、それが客のさらなる笑いを誘う、という悪循環に陥った。』(wikipedia より)
遺書やそれらしい発言も全くなかった。

やっぱり、思ってしまうのは、ヨンハくんのこと。
ストウィックさや、真面目なところ、ヨンハくんは鬱とは診断されてはいませんが、回復期に自殺率が最も高くなるという特有の症状など。。。。


話が脱線しましたけど・・・。


この番組で、松本さんがお気に入りベスト3を紹介してくれました。
you tubuで探したのですが、ないようなので、『皿屋敷』を貼っておきます。
『枝雀寄席』・・・この番組が松本さんは子供の頃、大好きだったんですよ~(^_-)-☆


<動画ありがとうございます!>










この記事へのコメント