『記憶の中の僕たちへ』

画像



2010年・・・☆☆

ソウルの若手カメラマンウンギョはリストラにあい、先輩の紹介で安東にある市民センターの写真講師として働くことに。下宿先のオーナーの元を訪ねたウンギョはそこでオーナーの娘のインウと出会い驚く。インウはよく見る夢に出てくる女性にそっくりだったのだ…。市民センターの職員でもあるインウと交流を深めていくウンギョ。一方、インウの心も落ち着かない。大学時代に憧れていた先輩こそウンギョだったのだ。心臓病で大学を中退しなければもっと仲良くなれていたかも…。と、ずっと再会を願っていたインウ。しかしそんなある日、インウの心臓病が再発したことが分かり…。



主人公のパク・チェジョンは、君は僕の運命で観てましたけど、ピンとこない俳優さん。
今回もどうしようかなと思ったのですが、お話がファンタジーなので、借りてみました。

本当に韓国の安東で出土されたものを、モチーフにして作られた作品。


さらりと見るにはいいかも・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント