三回忌。

今日も日本は雨でしたね。
韓国はいかがでしたか?

今日サスペンスドラマを観ていたら、主人公がある詩をラストに語り始めた。

主人公は元犯罪者。いろいろあって、元妻に「生きていていいですか?」と聞くのです。
もう自分は生きていても仕方ないと思っているから。
妻がなんと答えたか聞き逃したのですが、主人公は生きることを決意します。

その時に語り始めた詩。
調べたら谷川俊太郎さんの有名な詩でした。

  生きているということ
  いま生きているということ
  それはのどがかわくということ
  木(こ)もれ陽がまぶしいということ
  ふっと或るメロディを思い出すということ
  くしゃみすること
  あなたと手をつなぐこと



  生きているということ
  いま生きているということ
  それはミニスカート
  それはプラネタリウム
  それはヨハン・シュトラウス
  それはピカソ
  それはアルプス
  すべての美しいものに出会うということ
  そして
  かくされた悪を注意深くこばむこと

  生きているということ
  いま生きているということ
  泣けるということ
  笑えるということ
  怒れるということ
  自由ということ

  生きているということ
  いま生きているということ
  いま遠くで犬が吠えるということ
  いま地球が廻っているということ
  いまどこかで産声(うぶごえ)があがるということ
  いまどこかで兵士が傷つくということ
  いまぶらんこがゆれているということ
  いまいまが過ぎてゆくこと

  生きているということ
  いま生きているということ
  鳥ははばたくということ
  海はとどろくということ
  かたつむりははうということ
  人は愛するということ
  あなたの手のぬくみ
  いのちということ



ヨンハに聞かせたかったと思ったのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • すみれ

    >ヨンハに聞かせたかったと思ったのでした。
    ビタミンさん、こんにちわ。
    今年も、彼の地そして日本も、雨模様の6/30を迎えましたね。
    3回忌、upして下さって有難うございます。
    ”生きているということ”、とても良い詩ですね。いつもいろいろご紹介下さり、感謝です。
    生きているときには、”(生きてゆくからには)何にかができること、何かを持っていること、向上すること・・”等に、目が行きがちですが、実は生きていることって、詩にあるよう、とてもシンプルで万人に共通なもの、ここが揺らがない中で、初めて日々の営み、向上があるように思います。
    俊太郎氏の詩は、子どもが小学生の時国語の教科書で「スイミー」を読んで以来、長らく触れることなく来ましたので、新鮮な思いで読ませて頂きました。
    ヨンハ自身、そしてご家族の皆様も、「生きていればこそ」と、思わぬ日は無いことでしょう。

    昨夏、ふとしたことから、若い人から次のような話を聴く機会がありました。
    誠実でとても前向き、頑張り屋さんの人です。その方が「超過労が長く続く中、自分の抱えている苦しみが誰にも分かって貰えない、また弱音を吐いてはいけない、家族には心配をかけるからとても言えない。そのような状況に陥ると、私を愛してくれる人、私が死んだら悲しむ家族がいることなど、頭からすっぽり抜け落ち、ただ自殺に突き進みたくなった。」
    でも幸いにしてその方は、その後(詳細はわかりませんが)自分はなんでもできるスーパーマンでなくていいのだと思うようになり、「正常時には、家族を悲しませるようなことをしてはいけないこと位、分かりすぎるくらい分かる。でもそういう時って、正常な判断力が働かなくなる、もし医学的?に言うなら、心身の疲労物質が溜まり、神経の伝達に異常をきたすのかな」と言っていました。
    私は、ヨンハに共通するものを感じた次第です。
    2012年07月05日 17:34
  • すみれ

    前回、800字におさまらなかったので、追記です。

    でもビタミンさんもおっしゃっていたよう、誰か打ち明けられるお人がいたらきっと助けになったと、とっても悔しいです!!。
    3回忌、ネットで見ますと、ヨンジュンさんからのお花には「共に過ごした時間を、記憶し続ける」という意味合いの言葉が添えられていたそうな。
    死には至らなくても、俳優さん達も私達も皆それぞれ何かしらの重荷を背負うて生きています。だからこそ(たいしたことはできなくても)ちょっとした微笑みを、出来る時にできることを、の姿勢で行きたいですね。

    本当はヨンジュンファンのビタミンさんが、こうして綴って下ること、本当に
    嬉しく思います。私も遅まきながら微笑みの貴公子、好きになりましたよ。もっともヨンハ最高!ですが(笑)。

    まもなく夏空が広がる予感、ヨンハブルーの中に面影を偲んでゆきます。
    ビタミンさんも、どうぞご自愛くださいね。
    2012年07月05日 17:37
  • ビタミン

    すみれさん(^_-)-☆雨がよく降りますね。
    ヨンハが亡くなった頃は、雨の多い時期だったと毎年感じることでしょう。
    すみれさんが聞かれた若い人からのお話は、まさにヨンハの状況と同じのように思います。疲労困憊しているときは、物事を正常に考えられないものです。
    度が過ぎると病にもなります。

    ヨンジュンからお花が送られたのですね。彼にとっても衝撃的な事だったと思います。誰もが同じ思いですね。
    過去は変えられないから、起こってしまったことは歴史として刻まれます。
    メモリアルという形になってしまったヨンハ。
    最近、つくづくそうなんだなと思います。リアルにはもう存在しない人。
    そして、メモリアルなヨンハを胸に、私たちは生きていくしかないですね。
    すみれさんがおっしゃる通り、明るく笑顔で前を向いて。

    梅雨が明けると、暑い夏がやってきますね。
    すみれさんも、ご自愛くださいませ。
    素敵なコメント、ありがとうございます(^_-)-☆
    2012年07月05日 21:04