『ビッグ』11話と今後の展開。

画像



前半、映らなくって諦めようかと思ったら、途中から見れました。
そろそろ結末に近づいているんだけど、公式に予想が書かれています。

私も、これってどういう結末になるの?って興味深々。

コピペしますが翻訳機なので、わかるところは修正して書きますね。



最初に、セリフを通じた伏線と推測される結末である。
最も有力な伏線に選ばれているセリフは頭(樹脂)のセリフ。
5回に放送された

『ギョンジュンア、お前は目が覚めると、その先生のすべての事は全部忘れてしまう。必ずすべて忘れてもいい』

このセリフを伏線に挙げ、"ギョンジュン(共有)とユンジュ(共有)が元に体が戻った後、ギョンジュンがダラン(イ·ミンジョン)とあったことをすべて忘れて再びアメリカに戻ることではないか"は推測である。

もう一つの伏線とされるセリフはユンジェのお母さんのセリフである。

『私は実際に戻って我々ユンジェが病気にならない限り、アル·また会うことはないと思いました。』

という台詞で多くのネチズンたちは"ユンジェの体を再病気になり、ギョンジュンの体もう一度ユンジェを救ってくれないかな"という予想を繰り広げている。

第二 ​​に、ホン·ジョンウン、ホン·ミラン作家前作のパターンで推測する結末である。
まず、ホン·ジョンウン、ホン·ミラン作家の前作をベースに、ハッピーエンドで終わるようだという意見だ。

美男ですね'、'私のガールフレンドは九尾狐"など<ビッグ>のようにファンタジー的要素が加味されたホン姉妹の前作は、回を重ねるごとにサッドエンディングを暗示して11回から切ない愛の物語が熟して14回は涙海を成したが、結局最後にはハッピーエンドで劇が仕上げされた統計に基づいた次第もっともらしい根拠を提示している。また、外国映画"ビッグ"の大人になって愛に陷った女を残して、最終的に子供に戻ってていくエンディングのように"ギョンジュンが病人を残して再び十九の人生を生きていくことではないか』という意見である。

最後に、

『元の体に戻ったギョンジュンが大人の体で多くの仕事を経験した後、身も心もさらに成熟して病人をユンジェに送る。 "』という<ビッグ>というタイトルに焦点を合わせた意見も多くの注目を集めている。

第三に、様々な場合の数と仮定されている結末である。
『共有ギョンジュン-病人"、 "共有ユンジェ-病人"、 "円弧ギョンジュン-病人"、 "誰とも成り立たない」

など、様々な場合の数を推測したときに、主人公の共有とイ·ミンジョンのエンディングに進まないかということ。

そうだったときは、 『共有ギョンジュン-病人"、 "共有ユンジェ-病人"の場合が最も確率的に高いが、心を置くことができない部分が"共有ギョンジュン-病人の場合、体が変わらない場合、すなわち、円弧ユンジェが死ねばに可能であり、 "共有ユンジェ-病人"の場合、今まで愛したギョンジュンと別れなければならため、どちらの場合もサッドエンディンイル確率が高いということだ。このように様々な推測の中でも"ビッグ"は、反転に反転を繰り返えしている展開で視聴者に楽しさを与えただけに、今後の展開についてむやみに予測することができない状況というのが大半の意見。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント