『トガニ~幼き瞳の告発』

画像



2011年・・・☆☆☆☆
2000年から6年もの間、校長や教員が複数の生徒に性的虐待をしていたという、韓国で実際に起きた事件を題材にした作品。事件発覚後も加害者は法的な処罰を受けず、教壇に立ち続けていた事に憤りを覚えた人気作家コン・ジヨンが事件を題材に小説を発表、ベストセラーになる。さらにその小説に衝撃を受けた俳優コン・ユが映画化を熱望、韓国で公開されるや460万を動員、一大社会現象となり、映画の名から取った「トガニ法」という法律が制定され、学校も廃校となった。「コーヒープリンス1号店」のコン・ユが今までのイメージと違う、不条理な社会に孤独な闘いを挑む教師役を熱演。息詰まる法廷劇の行方も目が離せない告発サスペンスとなっている。


とにかく暗そうで重そうで観るのをためらっていたけれど、コンユくんだから観ないわけにいかない。
その一心で、観ました。

衝撃的な事件でこの映画を観て、憤りを感じない人はいないでしょうね。
弱い者は無力なんだと思い知らされる。

ユくんが兵役中に先輩から紹介されて読んだ本がこの小説だった。
ユくんの熱望もあり、主演として実現した。

それゆえか、素晴らしいい演技でユくん自身の成長にもつながったようだ。
元々、演技力はある彼だから、それに磨きがかかったという感じ。

子役の3人も素晴らしかった。
耳が聞こえない役を、なんの違和感なく演じきった。
オープニングに登場する幼い男の子もとても重要な役だった。

後味がいいわけでは決してないが、役者コンユを観る意味と、こんな悲惨なことが実際にあったんだと知ることがこの映画の評価を位置づけるんだと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • じうん

    この事件は知ってる・・・朝鮮日報に載ってた、韓国ってすごく性犯罪が多くて性犯罪大国とか言われてるんだよね・・・これに類似した事件もたくさんあるよ、ひどいのは両親蒸発した家に高校生だか中学生だかの姉と弟が2人で住んでてそこに毎晩のように街の不良たちが弟の目の前でレイプするんだとか・・・障害者に対してもレイプ事件が多いんだよね、韓国ってその他にも差別大国なんだよね、障害者差別・男尊女卑・職業差別・家柄の差別・外国人差別・顔の醜悪に対する差別、数え入れない差別が横行してるんだよ、まぁドラマ見てたらなんとなくわかるでしょ~だから就職や面接なんかでブサとべっぴんが一緒になったらいくら成績が優秀でも企業はべっぴんを選ぶらしい・・・だからみんな整形するのよね~ドラマ見てたら韓国人になりたかった~って思った時も有ったけど、日本よりもず~~~っと住みにくいだろうなぁ~あぁイルボンサランで良かったわ~
    2012年10月26日 21:57
  • ビタミン

    じうんちゃん(^_-)-☆知ってたのね!さすが~。
    日本ではあんまりないけど、こういう題材を映画にしてしまうのが韓国だよね。
    こんなことがほんとにあったんだと、知ってもらうことは大事なことだって思うよ。
    最近はロンドンオリンピックでも、サッカー選手が日本人に露骨に差別的なことをしていたけど、あんな大舞台で平気でそんなことをすることが韓国人の性格を表しているよね。
    韓国体質って、映画を見てたらよくわかる。前にも書いたけど、暗くて下品な内容が多いからね~~。。。

    私にとっては、韓国を知る上でひとつの勉強になった映画だったわ。
    2012年10月27日 05:49
  • ビタミン

    追記だけど、対岸の火だと思っているのはよくないよね。日本でも施設での虐待事件も多いからね。
    2012年10月27日 06:19