遭遇シーンと日韓の今。

王家の家族たちで私がロケに遭遇したシーンが出てきました。
感激ですね

それを観ながら思ったのですが、2003年にNHKが海外ドラマ枠に初めて韓国ドラマ放送をし反響がすごくて、それからはみなさんご存知だと思いますが…。

一気に日本を席巻しました。
それは見つけ出したNHKの尽力もさることながら、韓国政府が推進していた国家戦略にもマッチしていたからです。
当時の大統領はノミュヒョンとイミョンバク。
親日ではなかったでしょうが、少なくとも今よりはずっと親交的でした。

私もヨンジュンに恋をして韓国に行きたいって思いましたね。
それがなかったら、行くことはなかったかもしれません。

韓国政府の思惑が大当たりし、日本人はありがたい観光客となりました。
私個人的には、観光に行って良かったと思います。
文化も景色も素敵なところですから。

かたや、商業的にはサムスンが走り始めた頃でしょうか。
今では知らない人はいないですが、当時はまだ知名度はなかったと思います。
(日本の技術が相当流れていき、模倣されました)

そして、月日は流れ・・・。

現在のパク・クネ大統領になり、私が知り始めてから初めての反日体制になりました。
そして、舵を中国に切っています。

当然といえば当然ですけど、日本での韓流も姿を変えています。

韓国ドラマ、地上波の終了。
航空便の減少(一部では復帰しているようですけど)など。

中国戦略がどれだけの成果があるのかはわかりませんが、相手は社会主義国家ですよね。
それにいろんな意味で大衆文化は発達しているのかしら?

こんなことがあったからって私の韓流好きが変わることはないですが、反日はいただけません。
韓流好きの方は皆さんそうではないでしょうか。
こうなったら、韓国の行動を見ていくしかありませんね。
日本としてはおてなみ拝見というところでしょうか。

ただ、日本も頑張って欲しいですね。
逃した魚は大きかったって思わせるように。

ふと、ドラマを観ながら様変わりした今を感じました



この記事へのコメント

2014年03月24日 12:50
同感ですわ。
とりあえず韓流好きは継続中ですが、私も韓国の動向は見て行くつもりですね。
まあ『嫌韓』じゃないですが、自分のこと棚に上げて批判したりするのを呆れながら笑って静観しているので『呆韓』『笑韓』気味ではありますけどw
ビタミン
2014年03月25日 07:12
maiaさん(*゚▽゚*)ですよね~。私も見守るしかないですね。
逆によかったかも。韓流熱も一度冷やして冷静になれるし、日本もそこまで嫌うならってことで奮起できるような気がします。
クネさんの任期が終わる頃にはどうなっているのでしょうか・・・。