『再生保険』

「世にも奇妙な物語・春の特別編」、ご覧になられましたか?

今回は、全部面白かったです
その中から印象に残ったものを2作品、ご紹介します。

タイトルで「再生保険」としていますが、原題は「不死身の夫」です。
再生保険はそれに出てくるもの。

ここからネタバレがありますので、ご注意くださいね。


檀れいさん演じる女性が、夫を殺しますがなぜか、夫は何度も何度も生まれ変わるんですね。

なぜか・・・。

夫は、彼女のために再生保険に入っていたんです。
だから、何度でも生まれ変わる。

仕組みは、生前に彼の記憶をPCに保存し、肉体はクローンが作れるように細胞も保管しておきます。
亡くなれば、自動的に再生され、妻に殺された記憶もなくなっています。

ドラマでは、檀れいさんは、そのことに苦労するんですけど・・・。

私は、こんな保険があれば、ヨンハくんは今でも生きているはずなのにと、ついつい、思ってしまいました。


それから、「AIRドクター」
お気に入りの小栗旬くんです

原作は小田扉さんの「もどき」。
小田扉さんを存じ上げなくて、調べたら漫画家さんで昨年も世にもで、原作が放映されたようですね。
すごい!
でも、たしかに面白かったわ~
もちろん、脚本も素晴らしかったからでもあります、
脚本は森ハヤシさん。


今回の世にものテーマが、メビウスの輪のように、ラストは全て、完結しない。
それも、新鮮だし、怖さがより強調されていました


"『再生保険』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: