写真。

ヨンジュンは、写真が大好き。
って、みなさん、ご存知ですが、
ヤンマネージャーが「今も熱心に写真を撮っている」と言われていましたね。

腕前もかなりのものです。
(たくさん見たわけではありませんが・・・)

今度、ゴシレで写真展するようですが、こちらはヨンジュンが写っている写真ですね

昨年、ミッドタウンに「PHOTO IS 著名人編」という写真展が開催されました。

見に行かれた方もたくさんおられると思いますが、
そこに出品されているかたのブログを見つけました。
ちょっとしたエピソードが書かれています。



会場は超満員。こんなに人出の多い写真展はめったにない。ミッドタウン内で、タダで、有名人が撮った、ということで会場はおばちゃんだらけだ。

僕の写真はペ・ヨンジュンの斜め後ろ。ヨン様が撮った写真に人だかりができて、全員僕の写真におしりを向けていた。

いいんだけどね。確かにここに並んでいるのは自分でもすごく違和感があるし。大体案内文には「普段写真を撮られる方々の、写真家ではない目線の写真をお楽しみください」といった趣旨が書いてあった。

いいんだけどね。でも写真家なんだよね。撮られるほうじゃなくて撮るほうなんだけどね。

ペ・ヨンジュンは、飛行機から見える、翼と雲の写真を展示している。まあ、それだけ見ればどうってことない写真なのだが、おばちゃんが違う視点で食いついていた。「おかしいわよ、翼が写っているってことはここはエコノミーの席よ。ヨン様がエコノミーに乗るわけないじゃない。まさかわざわざエコノミークラスまで行って「ちょっと写真を撮らせてもらえますか?なんてありえないわ。これはね、チャーター機よ!」すごいぞ、おばちゃん、洞察力だ。写真1枚からストーリーが出来上がっている。写真の見方の面白さを知っているじゃないか。
有名人の撮った写真の面白さは、見るほうが撮影者のバックボーンを知っていることで写真に肉付けができることだ。
たとえば、坂本美雨の写真に写っているのが坂本龍一だと分かると、そこに親子の会話を想像してしまう。

「作品が全てを語る」という考えの反対に位置する写真の見方もあるのだ。


この方の「写真のみかた」がすごく勉強になりました。
1枚の写真の中に、たくさんのドラマがあって、それを読み取ることこそが、
写真の醍醐味なのでしょう。
絵画も同じですが・・・

この方の写真も素敵なものでした

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント